ボランティアセンターの活動
山鹿市社会福祉協議会ボランティアセンターでは、ボランティアの普及と活動に対する支援を行うほか、登録されている個人・団体のボランティア・NPOの方々等と連携し、ボランティア活動の推進に取り組んでいます。
相談・登録・紹介
ボランティア活動をしたい人・団体、またはボランティアを必要とする人・団体などのボランティアに関する相談に応じ、活動先やボランティアの紹介等の連絡調整をします。
また、ボランティアが円滑に行えるようボランティア登録制を設けています。

ボランティア連絡協議会との連携
ボランティア団体・個人が相互の連絡や交流を図るとともに、活動内容を充実することを目的に結成されたボランティア連絡協議会と連携し、ボランティア活動の普及と振興に取り組んでいます。

活動支援
安心してボランティア活動ができるように、ボランティア活動保険の加入手続きを行っています。
また、ボランティアグループなどに対して活動支援を行っています。

情報の提供
みなさまにボランティアに関するさまざまな情報を提供しています。

各種ボランティア講座の開催
多くの方々にボランティアへの参加や関心を持っていただくためのきっかけづくりや、ボランティアについての知識を深めていただくため、体験学習や各種ボランティア講座などを開催しています。

ボランティアとは?
ボランティアとは、誰もが住みよい社会をつくるために、自らすすんで活動をする人のことです。
または活動そのものをボランティアとも言います。
ボランティア活動とは何も特別なことをすることではありません。
近くに困った人がいたらその人の身になって、自分にできる範囲でお手伝いしようと思いませんか?
そんな気持ちで自分にできることをしていくことがボランティア活動です。
あまりボランティア活動を難しく考えず、身近なところに関心を持ち、これならできるというものから始めてみましょう。
ボランティアQ&A
Q.ボランティアの魅力って?
A.ボランティア活動とは、特別なことをするわけではありません。
  難しく考えず自分の趣味や特技を活かしながら、無理なく自分のペースで活動することが大切なことです。
  活動を通して多くの人と出会い、いろんなことを学ぶことができます。
  誰かのお手伝いをしているつもりが、知らぬ間に自分の成長につながっているように感じることが魅力ではない
  でしょうか。

Q.無償でなければボランティアではないの?
A.ボランティア活動は、見返りや利益を求めないことが基本です。
  しかし、支援を求める人の中には、無償では頼みづらい、交通費などを渡した方が気兼ねなく頼みやすいという
  人もいます。これはあくまでも支援を求めた人の“感謝の気持ち”であって“支援の対価”ではありません。
  こうした交通費程度の謝礼のあるボランティアを有償ボランティアと呼ぶこともあります。
ボランティアの心構え
① 身近なことから
私たちの身のまわりを見直し、気がついたところから手がけ、まずできるところから始めましょう

② 相手の気持ちになって
ボランティア活動は、ひとりよがりであったり、押し付けであったりしてはいけません。
常に相手の気持ちを考えて活動しましょう。

③ 約束や秘密は必ず守る
訪問時間、援助内容、どんな小さいことでも相手との約束を守り、プライバシーなどの知り得た秘密は他人に漏らさないことが必要です。

④ 自分を成長させる
ボランティア自身が持っている知識や技能を社会に役立てるためには、研修や学習をおこたらず、自分自身を一層高めるよう努めることが必要です。

⑤ 無理をせず継続を
無理をすると長続きできません。自分の生活のリズムを考えて計画を立て、無理なときは、はっきり断ることも必要です。勉強や仕事を犠牲にしての活動は長続きしません。

⑥ 周囲の理解を得る
ボランティア活動は身近な人の協力を必要とします。
家庭、学校、友人などのあたたかい理解を得られるように努めましょう。
山鹿市ボランティア連絡協議会
山鹿市の山鹿・鹿北・菊鹿・鹿本・鹿央の5つを支部として構成され、ボランティアの活動振興と相互の連絡・交流を図り、山鹿市民のボランティア活動への参加を促進します。
ボランティア保険
ボランティア活動中のケガや事故のための保険です。
全国社会福祉協議会「ふくしの保険」ページ
ご質問や手続きなどは、山鹿市社会福祉協議会へお尋ね下さい。
ボランティア活動推進助成事業
山鹿市社協では地域のボランティア活動の活性化を図るため、時代にあった先駆的な地域福祉活動を行う団体(ボランティアグループ、学校、NPO等)を応援します。
・助成上限額 1団体あたり50,000円
・助成団体数 30団体
・申請方法等 広報紙「キャチボール」に掲載します。
       本サイト新着情報もご覧下さい。
       ※山鹿市ボランティアセンター運営委員会において審査決定させていただきます。
災害ボランティアセンター
災害発生時、公共のネットワークに障害が発生した際に、ツイッターでも情報発信等を行います。
万が一の場合、1つの手段としてご活用ください。
※災害ボランティアセンターツイッターは、必要に応じて情報を発信します。